ややこしい映像ケーブルの規格を勉強しよう

テレビと周辺機器、或いはディスプレイとPCを繋ぐケーブルには、色々な規格があり、ご家庭にも様々なケーブルが眠っていると思います。
そこで、ややこしい映像機器のケーブル規格について、広く普及しているものを紹介します。

RCAはアナログ端子で、赤(ステレオ右)・白(ステレオ左)・黄(映像)の3本のピンが三叉に分れたコードです。
テレビとビデオデッキ、テレビとゲーム機を繋ぐ際によく見かけます。

VGAはアナログ端子で、主にパソコンとディスプレイを繋ぎ、映像を流す為のケーブルです。
現在は、ミニD-sub15ピンが主流です。

HDMIはデジタル端子で、地デジ対応テレビには大抵この端子があります。
一本で高画質と高音質の伝送が可能で、ミニサイズもあります。

DVIはデジタル端子で、一世代前のパソコンやディスプレイに多い端子です。
VGAと似た形をしており、映像のみ送ることができます。

Display Portはデジタル端子で、主にパソコンに採用されています。
ノートパソコンのように小型機器用に開発されたコンパクトサイズの端子です。

これらの規格を知っておくだけで、自宅のテレビとプレイヤーを繋いだり、壊れたケーブルを買い換えたりすることが自分できるようになるでしょう。