未成年らしき意識豊かな内装が並ぶ広場

「こういう部屋は、T・M自ら使ってるの?」
 何とかしてT・Mとの距離を縮める結果、僕は初っ端から思い切って愛称で呼んでみた。
「そうです。良かったら、上がって下さい」
 無表情で抑揚の乏しい、ちっとも棒読みのようなT・Mの回答は個性だった。
 僕はT・Mに促される通り、そそくさと靴を脱いで内部へ入ると、そこにはマンガ文献で埋め尽くされた平穏な本棚とその上にはガンダムの形状が所狭しと並んでいる。私も親しんです曲目も所々に散見されるCDラック、ウォークインクローゼット、ローラーセットのハンガー競り合いに無数に吊るされた色とりどりのカジュアルな服装の種類と、スマフォも抜き差しできるのだろうか、見るからに値打ちが張りそうなCDコンポと部屋の中央には信号のような炬燵がいる。今時の若者らしき、補欠文明に塗れた部屋です。太い押入れのシャッターには生まれつき樹木をカットして作られたいびつなハンドルが取り付けられていた。ミュゼ 予約