ニュースで話題の出光と昭和シェルの経営統合について

ニュースで、出光興産と昭和シェル石油の経営統合について、出光の創業家が経営統合に反対しているという事で、大きなニュースになっています。
私の知り合いに、出光のガソリンスタンドで働く人がいたため、このニュースについてどう思うか聞いたところ、今回の創業家の反対にはとてもガッカリしているとのことでした。
聞くところによると、現在のガソリンなどの石油の需要は減少の一途を辿っており、多くのガソリンスタンドも閉鎖に追い込まれているようです。
そんな中、石油元売りである出光と昭和シェルが経営統合すれば、流通の部分で大きなコスト削減を図る事ができ、結果としてガソリン価格も低く抑える事ができるだろう、とのことでした。
そうすれば、今は厳しい経営状態であるガソリンスタンドも、若干の余力が生まれ、また新しい戦略を立てられる、と期待していたところだったとの事。
創業家側は、創業家の会社への影響力の低下を懸念しているとのことですが、そのような理由でしわ寄せを食う、末端のスタンド経営者は複雑な思いなのではないでしょうか。http://www.tmtracking1.com/knowhow/aisatu.html