正月の福袋を購入して箱根駅伝を見てお正月を満喫

正月の福袋を購入して箱根駅伝を見てお正月を満喫、といきたいところでしたが、ドル円が激しく動きました。

どうもその原因はアップルの業績予想の下方修正にあるらしいのです。高級パソコンのアップルが下方修正をするのは異例中の異例らしいです。なんでも15年ぶりらしいです。

iPhoneの売り上げがだめなのしょうか。iPhoneは高いですし、格安スマホでもいいやって人が多くなっているのかもしれませんし。

ただ、為替は一ドル104円台まで一時的に円高になってすぐに戻りました。しかし、株価は戻りません。これはどうしてでしょうか。一時的何かで相場が動いてもそれが発作的なことならば相場はすぐに戻るはずです。しかし、実際は相場は戻っていません。

ひよっとしたら今回のアップルの下方修正が相場の一つの転換点になるのかもしれません。これからしばらくの間は株価の動きを注意深く見守らなければならないと思います。なんかこの台詞どこかで聞いたことがありますよね。http://www.thelonemedievalist.com/musee-senaka/senaka-kaisu.html